やみとものプログラミング日記

人生気楽に。

TOP > Docker勉強記録

Docker勉強記録

勉強動機・参考資料

何かサーバアプリケーションの検証をしたい時にDockerで手早く済ませれるといいなと思って。

具体的なことを言うとMattermostのデプロイ作業でmysqlのコマンドが動かなかったので、
mariadbかmysqlの違いかなと思ってすぐに検証したかったので
結局この記事の一番下の方法でできた。

公式ドキュメント

Dockerとは

すぐに実行できる仮想環境とその中で動くアプリケーションのセットを管理するもの。

用語

イメージ

実行可能なパッケージ。アプリケーションの実行に必要なコード、ランタイム、ライブラリ、環境変数、
設定ファイルなどを含んでいる。

コンテナ

イメージのランタイムインスタンス。イメージが実行されるとメモリ上に展開されてこれになる。
実行中のコンテナはdocker psコマンドで確認できる。

コンテナと仮想マシンの違い

コンテナは他のコンテナとホストマシンのカーネルを共有する。
コンテナは他のアプリのプロセスと変わらない大きさのメモリを消費するので仮想マシンと比べて軽量。
対して仮想マシンはゲストOSを起動しハイパーバイザを通してホストマシンの資源への仮想的なアクセスを提供する。

起動中のコンテナに入る方法

docker exec -it コンテナ名またはコンテナID bash



コメント

もしよろしければコメント下さい。
お名前:
内容:

コメント一覧