やみとものプログラミング日記

人生気楽に。

TOP > 迷走日記その2

迷走日記その2

JavaScriptみたいにシンプルじゃないものは敬遠することにする。
PHP、アクセスしたPHPファイルがただ実行される。シンプルだ。
ということで数年離れていたPHPでこのブログをかく。


はてさて、研究生活?創作生活?に勉強が必要なのか。考える。
勉強を全て否定はしない。このブログを書くにもPHPやHTML/CSSの勉強は
必要だったし、AIを作るにもその基礎部分のプログラミングは学ばなければ
ならない。人類が今まで積み重ねてきた叡智を全く利用しない、
あえてそうすることに意味があるのか。
例えばpythonのライブラリを使うのは他の人の成果を使うことだけど
それはもうすでにしていることで。
勉強に対するスタンスを決めなければならないのではないか。
そもそも勉強を避けるのはなぜか。他の人と全く異なるアプローチをすることや
他の人のアプローチに発想を縛られないようにするためだ。
そもそも最近考えている多数のAIプログラムから淘汰するのも
淘汰っていう発想に縛られているからな。
人間が直接触れてAIを成長させるアプローチ無謀だと思っていたけど、
よく考えたら赤ちゃんはそれで人間的な思考を獲得しているから、
そんなに非現実的なアプローチではないのでは。
例えばカメラで人間の表情を見てそれをもとに判断するのは全然ありだ。
入力は今の所、映像、音声、キーボードを考えているけど、
キーボードは触感パラメータを送ることにも使えそうだ。
話が逸れた。勉強に対するスタンスという話だった。
やはり発想が縛られる感はある。
ただ、勉強しないからといって、それはただ自分の経験に縛られるだけでは。
発想を豊かにする。アイディアを思いついた。広辞苑をランダムにめくって
単語を眺める。とかいいんじゃない?
ランダムに単語を表示するサービスあり。
知識を広げることにより創造性を獲得するかもしれない。
しばらくはこのテーマだな。



コメント

もしよろしければコメント下さい。
お名前:
内容:

コメント一覧