やみとものプログラミング日記

人生気楽に。

TOP > MyTimer脆弱性テスト用のローカル仮想環境を作る手順書

MyTimer脆弱性テスト用のローカル仮想環境を作
る手順書

目標構成

OS
CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)

Apache
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)

PHP
PHP Version 5.4.16

MySQL
Server version: 5.7.23 MySQL Community Server (GPL)

phpMyAdmin
バージョン情報: 4.0.10.20

Virtual Boxで仮想マシンの作成および設定

参考にしたサイト→https://qiita.com/tamago3keran/items/260899458959d3214dcf
上記サイトの通りに進める。
ただしUSキーボードの設定と、GUIは使わないので「ソフトウェアの選択」はスキップ。
rootユーザのパスワードを設定するときに、普通のユーザも作っておく。
GUIを入れないとLICENSINGは表示されない。

ホストOSからsshできるようにする

参考にしたサイト→https://www.shookuro.com/entry/2018/02/10/172724
上記サイトを参考にネットワーク設定をする。
これでsshできるようになった。

MySQL 5.7.23を入れる

ここからが本番
前回やった時ここで別バージョンが入ってしまって、
こうやってもう一度ドキュメント残してやる羽目になったので、
まずこれをやってしまう。

参考にしたサイト→https://qiita.com/tech31/items/97b94fed3192b09ac5a9
mysqlコマンドが無かったのでmariadbはいないと思っていたが、実はいた。

Apache

Webサーバーのapacheを入れる。
yum install httpd
でOK

gitでプロジェクトをclone

gitが入っていないので
yum install git
でインストール
そしてclone

PHPをインストール

sshできるようにするのところの手順でhttpアクセスできるようにしとく。
service httpd start
ローカル仮想環境なのでfirewalldは切っといてもいいかも
yum install php
service httpd restart
phpinfo()できるかくらいは確認する。
yum install php-mysql
でphpのレガシーmysqlナンチャラをインストール

vimをインストール

viのままだと使いづらいのでvimをインストール
yum install vim
bash_profileにalias vi=vim追加

phpMyAdminをインストール

公式サイトから該当バージョンのリンクをコピってwgetでインストール
と思ったらwgetがないので
yum install wget
unzipも

phpmyadminにブラウザでアクセスするとmbstringがないと怒られる。
yum install php-mbstring -y
service httpd restart

mysqlにユーザーを作ってなかった。

mysqlユーザー作成

/var/log/mysqld.logにrootの仮パスワードが書いてある
それでログインしユーザー作成
先にrootのパスワード変更が必要
set password for root@localhost=password('パスワード');
権限も設定する。



コメント

もしよろしければコメント下さい。
お名前:
内容:

コメント一覧