【Qt】Qt Chartsモジュールのインストール方法

Mastering Qt 5

という本を読み進めていて、コードも写経して実行した際に、Qt Chartsモジュールが無いと怒られた。

本にはgithubからソースをダウンロードしてビルドしろと書いてあったが、うまくいかなかった。

解決方法を半日探し続けてようやくうまくいったので、その方法の紹介をします。

まず、githubからソースをダウンロードする必要も無いし、ビルドする必要も無い。

Qtのインストールディレクトリ(Qt Creatorと同じディレクトリ)にQt Maintenance Toolというのがある。

まずこれを起動する。

コンポーネントの追加または削除を選択し次へ

ここで少し時間がかかるが待つ。

次のコンポーネントの選択の画面で

ここで注意、Qt5.6などの左にチェックが入っていてもそのサブ項目もチェック済みとは限らない。

ここで引っかかっていた。

Qt5.6の左の>記号をクリック。

するとサブディレクトリが開いてQt Chartsがあるのでそのチェックを入れる。

後は手順通り。

【Qt】未解決の外部シンボルエラーの直し方

teratailに質問したのだが結局自己解決した。→teratailの質問

Mastering Qt 5

を進めていてぶち当たった問題。

ちなみに開発環境はQt Creator

本の通りにコードを書いていたがなぜか次のようなエラーが発生した。

mainwindow.obj:-1: エラー: LNK2019: 未解決の外部シンボル “public: cdecl Task::Task(class QString const &,class QWidget *)” (??0Task@@QEAA@AEBVQString@@PEAVQWidget@@@Z) が関数 “public: void cdecl MainWindow::addTask(void)” (?addTask@MainWindow@@QEAAXXZ) で参照されました。

しかもデバッグモードでの実行は失敗するがリリースモードでの実行は成功する。

結論を先に言うと、コードに問題はなく別のところに問題がある。

直し方はプロジェクトの名前を右クリック→qmakeの実行

これで直る。

コードをいくら調べても問題がなさげなときはqmakeの実行を一度試そう。

Qt(キュート)始めました

PyQt(Qtのpythonバインディング)を使って囲碁AIインターフェースを作っていたのですが、

あまりの情報の少なさに断念。

そこで、大元のQt(キュート)を勉強してみることに。

これはC++なのですが、Qt Designer(Qtをインストールすると付いてくる)というのを使うことで

画面を見ながらウィジェットを配置したり、直感的な操作でアプリが作れるので便利。

Qt5を解説した本が見つからなかったので、洋書で

Mastering Qt 5 Kindle版

を購入して少しずつ読んでるところ。

この本を買う前も英語の解説サイト見たり日本語の解説サイト見たりしていたので、

今の所、この本は英語だけどなんとか読める。

というか英語の技術書って出てくる英単語の種類が限定されるし、

少しでも前知識あればなんとなく言っていることはわかるので、

あんまり怖がったり、身構えたりする必要はない。

PyQtでクロスプラットフォームGUIアプリケーション開発

PythonのPyQtでクロスプラットフォームなGUIアプリケーションが開発できるようなので、使ってみる。

最近、囲碁AIを作りたいと思い、macとwindows両方で動いてguiを開発できる方法はないかと探していた。

そこで見つけたのがpyqt。

そもそもAIの部分もpythonで作りたいので、これはちょうどいい。

まだ全然扱いきれてないが、少しずつまずは簡単なものを作ってみて慣れていこう。

英語のドキュメントも頑張って読もう。

プログラミング質問サイトはもっと積極的に活用すべし

プログラミングの勉強は一度詰まると自分ひとりでは中々抜け出せないもの。

そこで次のようなプログラミングの質問を投稿できるサイトを有効活用すべし。

Teratail

C言語何でも質問掲示板

他にもあると思うが、それはおいおい探していこう。

プログラミングの幅や知見を広げるためにこういうサイトは非常に役に立つ。

積極的に活用していこう。

大学数学を独学するのに役立つコンテンツ

AIロボットを作りたくてAIの勉強をするためにまずは大学の数学(微積、線形代数)を独学しています。

独学をしている中ですごくためになっているコンテンツを紹介します。

それが照井先生のYouTubeチャンネルです!

扱っている内容は微分積分、線形代数、計算機数学で、その大学での講義の録画が見れます。

このチャンネルを見つけるまで、参考書で独学していたのですが、

参考書以上の情報量のある講義が見れます。

大学数学を独学したい方におすすめです!