競プロの基本的なところ(問題の解き方など・自分用)

※適宜追加修正していきます

問題の解き方

1.問題を理解する
・何を求める(出力する)のかよく確認する
・制約をよく確認する
・サンプルを確かめる。サンプルが無いもしくは少ないときは、自分で例を作ってみる

2.愚直解を考えてみる
・簡単な問題なら愚直解で通るので、愚直解の計算量を見積もった上で間に合うなら実装してお終い

3.解法を考え、その計算量が間に合うかチェックする
・これを繰り返す
・計算量が間に合わないと分かっているのに実装しない

4.その解法が正しいことを確認(簡易証明)する
・codeforcesとかでは特に重要

5.実装する

上達の方法
・コンテストの参加回数をとにかく増やすことがレート上昇につながる(レートが下がることを危惧して参加しないなんてバカだ)
・「解いた問題数」よりも「見た解説数」でレート変化が決まると言っても過言ではないと思います(AtCoder黄色になる方法より)
・↑なので蟻本の問題の解説を読みまくるのも手かと

競プロ上達のための参考資料
AtCoder黄色になる方法
競技プログラミングの問題の解き方、そのマニュアル